インドでは姉妹が理想的なラーキーを探して、皆の刺激的なプレゼントを待っている間、
兄弟は完璧な贈り物を探しています。
インドたちは皆、この楽しいお祭りを長年にわたって祝っています。 
子供の頃には、その贈り物や美味しさを楽しみにしている日で、
成長して、それは家に帰ることと家族と過ごすことについてのお祝いごとになっていくのです。 
全体として、ラーキーフェスティバルは、
私たちの遺産と私たちがどこから来たのかを議論しながら全員が話し合うものです。
インドでも大事なフェスティバルですね。

ハンドメイドで作ったラーキーを姉妹や兄弟で渡しあうのですが、
別に異教徒である我々が作ったっていいのです。
なので作ってみようと思っていますが、糸を探さないとね。
なんでもいい、じゃなさそう。

なんでもいい、としてもいいけど、ご利益が薄くなりそう。。(?)

家族の絆ですから、絆が切れてもいいならそれでもいいかも(えーー??)。
アクセサリー感覚なのでしょうけど、意味はあるのです。
インド人でも意味ワカラズつけてる人がいるのかな??
とにかくフェスティバルもあってすごいものなのです。
ね?欲しくなったでしょ?
なんかね、ファッションとしてもいい感じですよ。
どうでしょう、作ってみては(笑)?

このブログ記事について

このページは、ゆいかが2019年9月 1日 00:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パーツ選び」です。

次のブログ記事は「遅い・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。