親のしたこと

和歌山のカレー事件、で、もうお分かりですね?
林死刑囚には4人のお子さんがいたんですね、知らなかったです。。
その子供たちはあの事件のあと、ものすごい人生を歩んだらしく、
最近ちらほらと報道が出ていました。

親のタイホ時には女性の警官が「数日分の着替えを用意して」って言われて用意して、
そのまま施設に入れられたそうです。
イジメにもあいました。

お正月などになると、施設内のほかの子供は親のところに帰るのに、
林死刑囚の子供たちは行くところがなくてそのまま。

親戚もいなかったんだろうか。。。いずれにしても可哀想でした。

なにげにラジオにリクエストした歌を聞いて号泣したり、、死刑囚も泣いた。

今では冤罪かも、なんて言われてるのですが、いずれにしても子供には関係のないこと。
子供をいじめる大人もいたそうだし、なんて世の中だ、って思います。

林マスミの夫は景気を終えて出ていあmすが、今はどうしているのやら。。
身体も丈夫ではないのでね、介護されてるって聞きました。

子供たちは可哀想ですが、夫も。。。なんだか可哀想。

はぁ、、、溜息しか出ない。

このブログ記事について

このページは、ゆいかが2018年10月 1日 15:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もしかして。。」です。

次のブログ記事は「宗教のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。