2013年7月アーカイブ

職場の人間関係が一番つらい

私の職場の人間関係...いつの日か少しはよくなってくるんじゃないか...なんて思っていたこともあったけどいつまで経っても何の変化もなく最低です。

どうして同じ仕事をしている人間同士そこまで敵対することが出来るんだろうって思うほどなんだよね。

看護師って患者さんに対しては笑顔で親切に接している...だけどその裏の顔は...そんなことを思うと人の本性ってこわいなって思ってしまいます。

私もそのうちそんなみんなに慣れて染まってしまうんじゃないかと思うと本当にこわいんですよね。

私だけはそんな風になりたくないって今のところは思えているんだけど...。

自分の下に誰か後輩が入ってきた時にはしっかり守ってあげなきゃいけないんだろうけどそれによって自分までもが標的にされてしまうのは辛すぎる。

みんなもしかしたら染まってしまっているわけじゃなくてそんな風に思っているのかも知れないよね。

看護師として活躍している人を見てよく思うのが、「お仕事に対して真面目すぎるくらい真面目な人、一生懸命取り組もうとする人が多いなあ」ということです。私も新人看護師さん含め色々な人たちを見てきたのですが、この二つに当てはまる人が多いなあと、思う。私は以前レーシックの病院への転職をしてたんですが同じ時期に転職活動をしていた看護師さんもみんなそんな感じでした。

一生懸命すぎて無理をしすぎてしまったり、真面目すぎて完璧を意識しすぎてしまったり...そうしたことが原因で、知らないうちにどんどん精神を蝕んでしまっている人も少なくありません。最近は特に、看護師さんでうつ病にかかってしまう人が後をたたないといわれています...。

「患者さんの怪我や病気を治す看護師さんが病気にかかってしまうの?」と、疑問に思われるかもしれません。でも、どんなに病気やケガに関してエキスパートの人間でも、完全に自分が病気になるのを防ぐことって、できないんです。特に精神的な病となると、自覚しないうちに進行してしまっていることも多いのですから...。

うつ病は一度かかってしまうと、なかなかすぐに治すということも困難です。ゆっくり療養できる時間や余裕が、ある程度の期間は必要不可欠となります。そしてとても、辛い病気です。

お仕事に対して真面目に取り組むこと、一生懸命であること、それはとても重要なことです。しかし、適度に休息をとっていかなければ、いずれ肉体的にも精神的にも疲れてしまい、うつ病につながってしまうおそれもあるわけです。ですから、そうした結果に結びつかないようにするためにも、日頃から適度に休みをとること、ストレスの対策法などを考えながらお仕事をしていくように気をつけましょう。また、頑張るのもほどほどに...ちょうど良い具合に真面目さと一生懸命さを貫くようにしていくとよいでしょう。

人付き合いも大切

職場の人間関係で悩んでいる人はきっと世の中ものすごく大勢いるでしょうね。

私もその中の一人なんです。

どうしてこんなに小さな職場の中でこれだけ大きな人間関係のトラブルがあるのか不思議なくらいです。

もう少し仲間意識を持って和気藹々と出来ないものかと思います。

その方が看護師という仕事は絶対にスムーズにいくと思うんです。

仕事でもスポーツでも個人の気持ちだけじゃなくチーム内の団結がどれほどのものかっていうことで大きく変わってきますよね。

だけど所詮下っ端の私が口出しできることではないので...何も出来ない自分が悔しかったりもします。

今までそういうことを指摘する人っていなかったのかな?

なんだかちょっとその辺も不思議です。

もしかしたらそういうことをしたらその職場で働くことが出来なくなっちゃうのかな?!

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。