中国人は作れないの?

日本人が次々に手作りマスクを作っていて、それを、中国人は
「その発想はなかったわー」
だったそうです。
作れない、、、ってわけではないと思うけど、発想がなかった、うーん、、、そうかー。
なかったら」作るしかないものね。
中国は真似が得意な国民なので、すぐに真似するのかと思ったけど、そういえばあまり見なかった(?)かも。

マスクは作ろうと思えばすぐに作れますね。
ミシンがない、って人向けに「ミシンなしでも作れます」的なサイトもたくさん出てました。
私は見てませんけど、、笑

ほかにも、縫わなくても出来る、とかもありました。
効果がどうの、、は、おいとくとして、こういう動きって素敵だなと思うのです。

これを中国人が思いつかなかったってところは興味深い。

今テレビ見てても、たしかにあまり手作りっぽいものってないですしね。

ミシンはあるはずですけどね。

タレントの野沢なおこさんの旦那さんなんてマスク造りにハマったらしいではないですか笑
皆、出来ることをやろうよ!!楽しいよ!

無症状

コロナ・コロナ、ですが、感染していたとしても無症状の人も多い。
逆に、なにか症状があったとしても大騒ぎして病院に行っても
「風邪です」
なことだってあるはずです。
難しいのがやっかいですね。

でももしコロナに感染して重症となったらどんなことになるのか、ですが、
呼吸が苦しくなっていくそうなんですよね、だから肺になんらかの疾患がある日知は要注意です。
飛沫感染もあるし、接触感染もあるとのこと。

だからマスク・マスク、って言われるんですけど、欧米では同じように騒いでても、
マスクはしてませんし、なによりも大事なのは手洗いのようです。
手で顔を触らない、なども言われています。
(ほかにどうやって顔に触れるのかって話ですが)

どこそこで何人が亡くなった、ともニュースで言われてますけど、
死亡率は高くないんです、死亡してしまう人残念ながら、
お年よりなどの抵抗力のない人、持病のある人、なんですよね。

手を洗いましょう!

そして充分な休息をとって、栄養のあるものを食べて寝る!
結局これです!

ガソリンスタンド

ある記事で、「マレーシアのガソリンスタンドはこうだ!」って、日本との違いを並べて書いてたのがありましたが、
、、、、、どこも同じですよ?

というのが正直な感想です。
マレーシアに限りませんが?、、という。

日本と他の国の違い、だとしたら、どことでも同じ記事になります。

外国のガソリンスタンドにはお店やカフェが併設してて、
そこで買い物も出来るし、カフェで休憩もできます。

サービス・エリアのガソリン・スタンド、、って想えばwかありやすいかな。

だいたいはどこも小さなコンビニがついてます。
今更驚くことか。。

でも書いている人は海外に慣れてるそうです、、、本当かー??

そんな批判はやめておくとして、いろいろなところで外国との違いを感じる事が出来るのはいいことですね。
なにも感じない人はいないでしょうけど。

料理男子

イギリスのウイリアム王子が、学生時代に今のキャサリン妃に対して
「僕は料理が出来るんだよ」
っていう、料理男子のアピールをした、っていう微笑ましいエピソードがあります。
今時料理くらいできないとね、日本人もね。

私のまわりは、ほとんど料理をしないようですが、家族は誰もがします、
祖父も、父も、です。
まわりの人の息子さんもしてます。
なのでまったく珍しい事ではないのですが、同級生などはしてなくて、
すべて奥さん任せのようでした。
とはいえ、最近はやっているのではないかなー、と思います。
そういう時代になたてきてますからね、中年男性もがんばらなくては(!)。

奥さんが働きに行く時代です、またそうしないと生活ができませんね、
だったら家事も分担すべきだし、
料理はそのなかでも楽しい部類だと思うのです。

部屋が汚いのは私は嫌ですけど、料理は、してくれたらお任せいたいかな、、
だって、、、自分が作ったものって美味しく感じられないから。

自分が作ったものって、安心ではありますけどね笑

でも、作ってくれたら拒否しませんよ、それが、、どんなものであっても(!)。

グレタさんはなにものか。

話題になっている、まだ少女のグレタさん。
いったいなにものなのか。
彼女はスエーデン人で、幼いながらに地球温暖化について恐れをなして、
世界中にむけて温暖化を阻止するべきだ、との声を上げている人です。
飛行機での移動をやめてあちこち行っては講演を続けています。
いまや有名になったみたいですね。
なんとノーベル平和賞までとってしまった。すごい。

この子の両親はどういう人なんだろう。

ちらっとミタラ、親も少しぶっ飛んでいるようです。
でも、これらは噂にすぎない。

お母さんはオペラ歌手だそうです(これは本当)。

そしてお父さんは俳優(おそらく本当)。

おじいさんは映画監督。
なんだ、、すごい家系じゃないか。


スエーデンからアメリカまで船で移動しますが、帰りは半分くらい飛行機使ってるし、、、汗
環境問題はどうなるのだ(笑)。
グレタさんが何者か、なんて知ってもしょうがない?
いえいえ、環境問題に興味が持てるようになりますよ、本当です。


ディカプリオの性格

あまり、「こうだ」って性格の事が出ないレオナルド・ディカプリオ。
いろいろという人もいますが、えてして性格はいいようです。

男優は彼のことを悪く言いたがりますね、、演技力がすごいからひがんでいるのでは、って思う。(?)
もっとすごい人もいるけど、ディカプリオも、焼くにどっぷりハマるタイプで、
そういうのを見てる人からも評判はいいです。
演技にかける情熱ってところだけでもね。

だれだったかなー、、ディカプリオをマザコンだっていった人もいました。
あれもやっかみなんじゃないかなー、だって根拠がないもんね。

あ、ジョニー・デップだったかな?
このふたり、映画で、むかーし、共演してます。
そこでも仲がよくなかったとかいう噂がありました。

他にディカプリオをよく思ってない俳優は、デ・ニーロ。
なんでも、同じような演技派で、デ・ニーロはディカプリオの才能を見抜いているとか。
だからコワイんでしょ、、ディカプリオの実力が(しらんけど)。

そんな、人のことをいうなんて、、、
だって、ディカプリオがこのふたりについて何か言ったって聞かないでしょ。
もうそこが物語っていますよ。
ディカプリオは性格がいいのだ。

エマ・ストーンさん

初めて彼女を見たのは、おそらくあの映画、、、そう、、「ラ・ラ・ランド」。
可愛い女優さんだなって最初から思ってました。
目が大きい!
そして、どことなく二重アゴ、大きな口、厚いくちびる、、、どこを取っても個性的なんです。

もともとは(?)舞台女優さんだったのかな?
よく知らなくてごめんなさい、でも何かの時に、ミシシッピの話のなかの誰かを演じるときに、
南部なまりをマスターしたとかあって、
ってことは、舞台をやってるのかな、って思ったのです。

南部訛りをマスターしたってことで、南部の出身でもない、っと。

南部訛りって具体的に文字で書くのは難しいけど、南部訛り、なんでしょう(笑)、
なんていうか、なめらかですね、、南部なまり、、、w

映画「フォレスト・ガンプ」を見ていると南部訛りっぽいのがあって勉強になるんですって。
8そうかな??)
役者さんも大変ですね。
エマ・ストーンもそうですが、あのトム・反駆使も、役を演じるときに訛りも指導されてやるんですってよー。

エマ・ストーンの南部訛りも聞きたかったなーーー!
舞台をみたらいいのか・・・。
どこで何をやってるんだろ。

海外のベビーシッター

海外へ行く時に子供を連れていくとなると、それだけでも大変ですが、
現地でベビーシッターを雇うという手もあります。、
国によって値段や成約などまったくちがいますけど、探すと出てきます。

インドネシアのバリ島でも出て来まして、1時間いくら、というよりは、
1日いくら、みたいなものが多くて、日本の会社を通すとめちゃくちゃ高いですが、
一般的にはこうしたところに頼む事が多いのかもですね。

友人がいたらその人に交渉して頼むこともできます。

1時間400円っていったらインドネサシアでは結構なお給料です。
1時間で終わったら意味ないですけど笑

住み込みで、月に2万円くらいですからねー。

(ところで住み込みって食事はどうなっているのかな??)

ベビーシッター、もし子供を連れていくのならお勧めですよーー。
使わない手はないです。
夫婦だけでお出かけもしたいでしょうしね!

他の国はすごく高いです。
1k時間で数千円します。
それでも、連れて行って自分の時間を楽しみたいのならしかたないですねー。

チーク

知り合いから「あなた、ほっぺたにチーク入れた方がいいわよ」って言われてしまった汗
顔色が悪いからかな。
チークなんて要れたことない。
道具も持ってない。
うやり方も分からない。

別にシャネルなんかを使わなくてもいいだろうけど、チークってものを買ってみようと思っています。
お店に行くと店員さんがよってきてうざいなー。
でも聞かなかったら何も分からない、、難しいー。

いちどはお店でちゃんと手ほどきをうけなくちゃいけないかな。
高そうだなーー。

でもね、せっかく言ってくれた人にも悪いし、気っと本当に顔色が悪いと思って言ってくれたのだと思うので、
ここは素直に受け入れようかなって思うのだ。
最近ちょっとそういうことにも興味が持ててきてる、あは。

チークだけ塗ってもどうしようもないけどね。
そもそも、口紅もつけない私が何をいっているのだ。

でも、何もしなくてもいい、っていう人もいるのだ。
肌質が生まれつきいいからね、親には感謝してます。
色も白いし、、よって焼けやすいけどね。

チークか、、、、、生まれて初めてだな!

遅い・・・

遅くやってくる更年期障害もあるそうで。
女優の浅野温子さんがそうだと言われています。
舞台を降板するほどだから相当ですね。心配です。
でも、本当に更年期ならそのうちよくなっていくでしょう。
問題は、更年期そのものにより起こる精神的なこと。鬱とかね。

まわりから理解されない事もあるから、そういうのが心配ですね、一般の人では特にあるでしょうけど。
仕事先でこういうのが理解されにくと本人はつらいんです。
どうか分かってあげてほしい。

もちろん、うそついたりしてないってことが大前提ですが。

遅いとか早いとか、、そこがもんだいになりがちだともききました。
いくつからいくつまでに怒る、こういう症状、という想いが強いからです。
バカみたいですね。
人はいろいろなのだ。

自分がそうならないと分からないのが人間。
男性にも更年期はあるけど、人にいえない、ってのもおかしい。

誰にでもおこるのだ、自分が鳴った時のことを考えたらおのずと人にやさしくできるはずだ。
自分は大丈夫だなんて思わない方がいいですよー。

ということで、遅くでもやってくる更年期、あるのです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク