壊れたパソコン

壊れかけてるパソコンをどうしようか悩んでいます。
捨てるのですが、古いせいか、お金がかかってしまう。
なんとかお金をかけずに処分する方法はないものだろうか。ない?あ、そー。

本当の意味で「ぶっ壊してしまえばいい」って言う人がいます、でもどうやって?
ハンマーでたたく?
どこで?庭で?
そうしたら危険物として出せるのかなー?
やった人います?
なんかね、やはり」個人情報が漏れるのも怖いし、捨てるならちゃんとしたい、でもお金はない、ってところです。

そもそもなんで壊れるかなーー、そう簡単に壊れてほしくないなー、安くないんだしーー。
と、ここで文句ばかり言ってもショウガないか。。
なんとか早いうちに処分したいと思ってます。
明日、ハンマー探してみますーー。

事実婚ってまだ難しい

いまでこそ、事実婚ってある程度は法律的に認められるケースもあるし、世間ってところも、
そういうのもありかもねー、、、みたいになってますが、以前はそうではなく、
今もまだ難しい部分てあるようです。
旦那さんのっトンる会社では奥さんは不要になるもならないも、それ以前の問題だし、
苗字が変わってないだけで結婚してるのかしてないのか、s駅人は、、とか、いろいろとあるようです。
それでも二人が納得していたらいいけど、二人が納得してても法律的には夫婦じゃないし、
惣佐億、子供のこと、などになるととっても面倒になる。

もっとスムーズにいくような世の中になればいいですねーー。
そうじゃないと、事実婚を選んだ人の苦労たるや計り知れない。
親族もわかってて、本人も良い、まわりもまーまー認めている、、
なのに宝利湯の壁があってはいけない。
なによりだ地なのは子供かなー。
戸籍の問題、苗字、責任、、、責任って、、、いったいなんだろうね。
子供の面倒を二人が見る、これだけなのに、その子供はそこ(法律)に翻弄されるのだ。
少しづつ変わってくるといいなー、と思う今日このごろでしたー。

キットカット

キットカットのビター味のチョコが結構好きだったりします。
最近、いつもいくスーパーに売ってないことがあって、あったら即大量に買っておく癖が。
でもね、たくさん買うとつい食べすぎてしまうんですよねー。
太るじゃないかーーー!!
っていっても、それは自分の責任。。
美味しくていけないわ、あれ。
小さくてすぐに食べてしまうし、ビター味だから大人だし(なんだそれ)。
安いしね、、買うでしょ、キットカット好きは、、買うでしょーー?

でもね、押さえようと思います。太りたくはないし、虫歯も嫌だし、なんといっても大人なのに(!)、
チョコに狂うなんて子供じみてりし、、。
ちょっと控えます、出来るかどうかは別ですが。
キットカットの美味しさがいけないのだ。
キットカットがこんな記事を書かせたのだ(!)。
キットカットのばかーーー。
あんなおいしいものを作ったのは誰だーー!でてこーーい!

出てきたらきっとハグしますがね(笑)。

前妻の話し

何かの記事で、「姑が前の奥さんの話をする」という愚痴を読みました。
これ、、、日本では嫌かもだけど、欧米では当たりまえです。
結婚式に前の奥さんが出席、もあります。
メーガンさんとヘンリー王子の結婚式にも、奥さんではなかったけど、元カノが出席してましたよね。
別にどうってことないのです。
嫉妬心が強いのか、なにか文化的なことでもあるのかな、日本は。

前妻の話を姑がしても、今の妻はあなたなのだし、聞いててそれが何気ない話ならそれでいいではないですか。
でももし、あなたに対する嫌味みたいなものだったらそれは嫌なので、
そこはきちんというべ美ですね、、、「なんでそうんなこというの!」って。
言えない?笑
いうんです。

それでもやめないのなら、旦那さんに相談し、それでもダメなら、もう会わない。これでしょ。
強い態度でいたら相手も嫌な事はしないし、はっきり言えばいいのです。
でも前提には、言ってても気にしない、が一番。
難しいかもですけどね、頑張ってみましょう。

フランスって。

フランスっていう国は社会保障がしっかりしてて、人を雇用するってことはとっても大変なことなんですって。
なのでフリーランス、としての個人を雇うのが一番いいとか。
急にこんな話になったのは、たまたま個人事業主さんとそんな話をしたからで、他に意味はありません。
世間話、として呼んでくださいね!

フリーランスの人を、個人事業種が雇う、が、一番楽なやり方なんですって。
契約書的なものもなくて、信頼関係でも、仕事は事業主がとってるんだしね、うまくできているのかなって思いました。

なんのお仕事?、、、ですけど、留学あっせん、とか、フランスならでは、の、なにか商品を売る、とか。
そのスタッフを雇う、、って話でした。
聞いてて面白かったです。
まだまだ聞いてみたい、そんな話をしてくれる人がいたら、ですけど。
、、いませんか¥?
話し、、聞きますよ(笑)。

中国人は作れないの?

日本人が次々に手作りマスクを作っていて、それを、中国人は
「その発想はなかったわー」
だったそうです。
作れない、、、ってわけではないと思うけど、発想がなかった、うーん、、、そうかー。
なかったら」作るしかないものね。
中国は真似が得意な国民なので、すぐに真似するのかと思ったけど、そういえばあまり見なかった(?)かも。

マスクは作ろうと思えばすぐに作れますね。
ミシンがない、って人向けに「ミシンなしでも作れます」的なサイトもたくさん出てました。
私は見てませんけど、、笑

ほかにも、縫わなくても出来る、とかもありました。
効果がどうの、、は、おいとくとして、こういう動きって素敵だなと思うのです。

これを中国人が思いつかなかったってところは興味深い。

今テレビ見てても、たしかにあまり手作りっぽいものってないですしね。

ミシンはあるはずですけどね。

タレントの野沢なおこさんの旦那さんなんてマスク造りにハマったらしいではないですか笑
皆、出来ることをやろうよ!!楽しいよ!

無症状

コロナ・コロナ、ですが、感染していたとしても無症状の人も多い。
逆に、なにか症状があったとしても大騒ぎして病院に行っても
「風邪です」
なことだってあるはずです。
難しいのがやっかいですね。

でももしコロナに感染して重症となったらどんなことになるのか、ですが、
呼吸が苦しくなっていくそうなんですよね、だから肺になんらかの疾患がある日知は要注意です。
飛沫感染もあるし、接触感染もあるとのこと。

だからマスク・マスク、って言われるんですけど、欧米では同じように騒いでても、
マスクはしてませんし、なによりも大事なのは手洗いのようです。
手で顔を触らない、なども言われています。
(ほかにどうやって顔に触れるのかって話ですが)

どこそこで何人が亡くなった、ともニュースで言われてますけど、
死亡率は高くないんです、死亡してしまう人残念ながら、
お年よりなどの抵抗力のない人、持病のある人、なんですよね。

手を洗いましょう!

そして充分な休息をとって、栄養のあるものを食べて寝る!
結局これです!

ガソリンスタンド

ある記事で、「マレーシアのガソリンスタンドはこうだ!」って、日本との違いを並べて書いてたのがありましたが、
、、、、、どこも同じですよ?

というのが正直な感想です。
マレーシアに限りませんが?、、という。

日本と他の国の違い、だとしたら、どことでも同じ記事になります。

外国のガソリンスタンドにはお店やカフェが併設してて、
そこで買い物も出来るし、カフェで休憩もできます。

サービス・エリアのガソリン・スタンド、、って想えばwかありやすいかな。

だいたいはどこも小さなコンビニがついてます。
今更驚くことか。。

でも書いている人は海外に慣れてるそうです、、、本当かー??

そんな批判はやめておくとして、いろいろなところで外国との違いを感じる事が出来るのはいいことですね。
なにも感じない人はいないでしょうけど。

料理男子

イギリスのウイリアム王子が、学生時代に今のキャサリン妃に対して
「僕は料理が出来るんだよ」
っていう、料理男子のアピールをした、っていう微笑ましいエピソードがあります。
今時料理くらいできないとね、日本人もね。

私のまわりは、ほとんど料理をしないようですが、家族は誰もがします、
祖父も、父も、です。
まわりの人の息子さんもしてます。
なのでまったく珍しい事ではないのですが、同級生などはしてなくて、
すべて奥さん任せのようでした。
とはいえ、最近はやっているのではないかなー、と思います。
そういう時代になたてきてますからね、中年男性もがんばらなくては(!)。

奥さんが働きに行く時代です、またそうしないと生活ができませんね、
だったら家事も分担すべきだし、
料理はそのなかでも楽しい部類だと思うのです。

部屋が汚いのは私は嫌ですけど、料理は、してくれたらお任せいたいかな、、
だって、、、自分が作ったものって美味しく感じられないから。

自分が作ったものって、安心ではありますけどね笑

でも、作ってくれたら拒否しませんよ、それが、、どんなものであっても(!)。

グレタさんはなにものか。

話題になっている、まだ少女のグレタさん。
いったいなにものなのか。
彼女はスエーデン人で、幼いながらに地球温暖化について恐れをなして、
世界中にむけて温暖化を阻止するべきだ、との声を上げている人です。
飛行機での移動をやめてあちこち行っては講演を続けています。
いまや有名になったみたいですね。
なんとノーベル平和賞までとってしまった。すごい。

この子の両親はどういう人なんだろう。

ちらっとミタラ、親も少しぶっ飛んでいるようです。
でも、これらは噂にすぎない。

お母さんはオペラ歌手だそうです(これは本当)。

そしてお父さんは俳優(おそらく本当)。

おじいさんは映画監督。
なんだ、、すごい家系じゃないか。


スエーデンからアメリカまで船で移動しますが、帰りは半分くらい飛行機使ってるし、、、汗
環境問題はどうなるのだ(笑)。
グレタさんが何者か、なんて知ってもしょうがない?
いえいえ、環境問題に興味が持てるようになりますよ、本当です。


カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク